1. HOME
  2. 開催概要

開催概要

名称 建設技術フェア2022in中部
コンセプト 建設現場のDXが未来を創る
開催目的 @産・学・官の技術交流の場を提供し、技術開発や新技術導入の促進に資する
A建設関連産業の振興、技術開発の推進及び商取引の拡大を図る。
B建設分野を専攻している学生に技術開発の現状と方向性を紹介する。
C建設技術の魅力と社会資本整備の必要性を広く一般の方々に紹介する。
開催期間 2022年10月4日(火)10:00〜17:00 / 10月5日(水)10:00〜16:00
会場 ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
〒455-0848 名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地
主催 建設技術フェアin中部運営委員会
〔構成: 国土交通省中部地方整備局 ・ 名古屋国際見本市委員会 ・(公財)名古屋産業振興公社 ・(一社)中部地域づくり協会 ・(公社)土木学会 中部支部〕
後援 農林水産省東海農政局、経済産業省中部経済産業局、長野県、岐阜県、静岡県、三重県、静岡市、浜松市、日本下水道事業団東海総合事務所、(独)水資源機構中部支社、名古屋高速道路公社、中日本高速道路(株)名古屋支社、(公社)地盤工学会中部支部、(一社)日本建設業連合会中部支部、(一社)日本道路建設業協会中部支部、(一社)日本建設機械施工協会中部支部、(一社)愛知県建設業協会、(一社)岐阜県建設業協会、(一社)三重県建設業協会、(一社)静岡県建設業協会、(一社)建設コンサルタンツ協会中部支部、(一社)日本橋梁建設協会中部事務所、(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会中部支部、(公社)全国土木コンクリートブロック協会中部協議会、(一社)日本埋立浚渫協会中部支部、(一財)経済調査会中部支部、(一財)建設物価調査会中部支部、(一財)先端建設技術センター中部センター、(一財)日本建設情報総合センター中部地方センター、(一財)橋梁調査会、中部コンクリート製品協会、全国ヒューム管協会中部支部、全国ボックスカルバート協会中部支部、日本PCボックスカルバート製品協会中部北陸支部、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、(一社)中部経済連合会、NHK名古屋放送局、東海テレビ放送、中京テレビ放送(株)、CBCテレビ、テレビ愛知、(株)中日新聞社、岐阜新聞社・岐阜放送、日刊建設工業新聞社、日刊建設通信新聞社、(株)建通新聞社、中部経済新聞社、伊勢新聞社、FM AICHI、(株)産業新聞社
展示規模 350小間・土間(目標)
来場者数 16,000人(目標)
入場料金 無料・登録制
名古屋国際見本市委員会
〒464-0856 名古屋市千種区吹上二丁目6番3号 名古屋市中小企業振興会館 5階
TEL:052-735-4831/FAX:052-735-4836
CopyRight(C) Nagoya International Trade Fair Commission. All right reserved.